皮膚科のニキビ跡治療をもっと詳しく解説 皮膚移植治療の費用

1日でも早く受診していたら・・・と後々後悔しないよう、少しでもニキビ跡ができかかっていたらまずはお医者さんに相談しましょう。最悪の場合、皮膚を移植しなければ肌のコンプレックスを解消できないこともあります。

移植治療にも色々やり方がありますが、どの方法も弱点を抱えています。自分の皮膚をニキビ跡部分に移す方法がもっともスタンダードと言われていますが、縫い目が残る点、皮膚の色が違う点、何度も手術を受けなくてはならない点がネックです。

つまり、度々手術を受けるだけでも経済的負担、精神的負担、肉体的苦痛を伴うのに、患部が他の皮膚をなじまずに縫い合わせた境目まで残ってしまうのですから・・・。大金をかけて見合う結果とは言えません。

そこで最近注目を浴びているのが、培養表皮を使った手術です。耳の後ろから皮膚を採取するので傷も目立ちませんし、従来の手術法のようにデコボコが際立つ縫い目が残ることもありません。

治癒スピードが早いのもこの手術の利点なので、半年から1年間で改善効果が見られます。

ただし、最新のアプローチ方法なのでどのクリニックでも受けられる治療法ではありません。福岡の病院でも行っていますが、東京など遠方の患者さんは1週間以上、ホテルで滞在しなければなりません。

諸々の費用を含め100万円近い金額がかかる可能性もあります。一般的な手術も40万円から50万円かかりますが、さらに費用のハードルが上がります。

治るまで徹底的に紫外線を避けなくてはなりませんし、内服剤の副作用で膀胱炎に近い症状が出る点も懸念されています。

ニキビ跡をこじらせてしまうと、治療も一筋縄ではいきませんので、早め早めに対処しましょう。

About misojinoonna